お問い合わせ
M&A

事業案内

Mergers and Acquisitions
私たちの想い
すべての経営者に
効果的なM&Aのご提案を。
M&Aは重要な経営戦略のひとつです。
すべての経営者に効果的なM&Aのご提案を。M&Aは重要な経営戦略のひとつです。

国内飲食業界のM&A成約件数は、2012年から2017年にかけて約270%と増加傾向にありM&Aは、大企業だけでなく中小企業にとっても、非常に身近なものとなってきています。
BOS(バンク・オブ・ストラテジー)は経験と実績を活かし、様々な企業経営者様の視点に立ってお客様のM&Aをサポートいたします。

M&Aでこんな疑問・ケースがあればBOSが解消します

事業承継

をしたいのだが
依頼の仕方がわからない

第三者への株式譲渡を検討したい。後継者が見つからないが、事業や技術は次世代に残したいなどをお悩みの場合は、まず一度ご相談ください。

閉じる
Case
01

事業承継

をしたいのだが
依頼の仕方がわからない

回答を見る
事業拡大

についてどう依頼すれば
良いか分からない

成長スピードを加速させたい。大手資本傘下に入ることを検討したい。盤石な経営基盤のもと、事業を次のステージに進めたい。など一度ご相談ください。

閉じる
Case
02

事業拡大

についてどう依頼すれば
良いか分からない

回答を見る
事業再生

についてどう依頼すれば
良いか分からない

事業価値を再生させてから売却し、負債をなくしたい・最小化させたい。経営状態を健全に戻し、従業員や取引先への影響を抑えたい。など一度ご相談ください。

閉じる
Case
03

事業再生

についてどう依頼すれば
良いか分からない

回答を見る
売り手のメリット

M&Aにはどんなメリットが
あるの?

メリットは多くあります。事業承継が難しいケースでも、M&Aを実現できれば雇用を守り取引先を継承できます。結果、事業の拡大・発展も期待できます。

閉じる
Case
04

売り手のメリット

M&Aにはどんなメリットが
あるの?

回答を見る
M&Aの対象は?

規模にかかわらず
取り扱ってくれるの?

「うちのような中小企業はM&Aに縁がない」という声を聞くことがありますが、実は中小企業のM&Aは頻繁に行われています。お気軽にお問い合わせください。

閉じる
Case
05

M&Aの対象は?

規模にかかわらず
取り扱ってくれるの?

回答を見る
相談したい

方針が決まってないけど
相談しても大丈夫?

売主様にとってのM&Aは必然に迫られるほど、足元を見られて価額が低くなってしまいます。まずは、相談して頂き、準備をされることをお薦めします。

閉じる
Case
06

相談したい

方針が決まってないけど
相談しても大丈夫?

回答を見る
どのくらいの期間?

成約まで通常どのくらいの
期間がかかるの?

一般的には最短でも6ヶ月ほどかかります。業種や地域などの条件により、相手の見つけやすさも変わってきます。時間的余裕を持って準備を進めることが大切です。

閉じる
Case
07

どのくらいの期間?

成約まで通常どのくらいの
期間がかかるの?

回答を見る
買い手のメリット

M&Aにはどんなメリットが
あるの?

「ヒト」「モノ」「ノウハウ」といった経営資源をスピーディーに獲得できることです。新規事業に低リスクで参入することができ、会社全体の成長につながります。

閉じる
Case
08

買い手のメリット

M&Aにはどんなメリットが
あるの?

回答を見る
疑問・ケースをもっと見る 閉じる
REASON

選ばれる3つの理由

POINT 1

各業界に多数の実績あり

特に外食・食品業界における強いネットワーク
幅広い業種の制約実績がありますが、特に飲食店、食品会社においての数々のビッグディールを成功させてきた実績があります。自社でも飲食店の顧問やデリバリー事業のコンサルティングを手がけており、業界に精通。
様々な飲食企業、食品卸、周辺業者様との関係性があるため、早期にM&A・事業承継の相手方との出会いを実現させています。また、飲食企業の価値を最大限引き出し、納得度の高い売却を実現させています。

POINT 2

高い専門性と豊富な実績

豊富な実績をもとに、もとに各業界のM&A・事業承継を熟知しています。弁護士・会計士等の専門家チームを交えて、店舗特有の賃貸借契約書・法制度・労務等に関する留意点を整理し、事前の店舗視察を行った上で、戦略立案します。

POINT 3

クロージングまで迅速に対応

ふさわしい相手を選定し、両社話し合いの上、経営理念を確認してすり合わせるなど、段階を追って詰め、当社のM&Aのノウハウをもとに迅速な対応によって、通常5か月~7か月という短期間でクロージングを実現します。

お問い合わせ
PRICE

弊社の報酬体系

着手金無料・手数料は
成果報酬のみ

弊社は着手金+月額報酬+企業評価レポート作成等すべて無料
お相手企業と成立にいたるまで無料で支援いたします。

譲渡契約の締結
まで
費用は一切なし
成功報酬の発生
M&Aの初期検討
対象会社の簡易調査
譲受企業候補先選定・打診
合意形成のための調査
基本合意契約の締結
買収監査の実施
譲渡契約の締結
M&Aの成立
移動する資産額手数料率
5億円以下5%
5億円超~10億円以下4%
10億円超~50億円以下3%
50億円超~100億円以下2%
100億円超1%
※レーマン方式の料率例
※ただし、一定の下限報酬額を設定させていただいております。

一般的に、最終的な報酬額は負債と株式価値を合わせた移動総資産をベースとして計算しますが、私たちは負債を含めず株式価値だけをベースに算出する方式を独自採用しています。 そのため費用は圧倒的に低額です。どうぞ、一度ご相談ください。未来の成長へつなげるM&Aをご提案します。

バンク・オブ・ストラテジーは完全成功報酬のみ

弊社は、お相手先企業とのM&A譲渡契約の締結まで、以下のサービスを無料でご提供いたします

  1. POINT 01

    M&Aの検討提案

  2. POINT 02

    企業価値算出

  3. POINT 03

    企業価値に基づいた
    選択肢の検討

  4. POINT 04

    お相手候補の提示
    説明資料作成支援

  5. POINT 05

    お相手先との
    面会機会の設定

  6. POINT 06

    候補先判断の
    サポート

M&Aの流れ

※売却をご検討の場合
STEP 1

M&Aの検討についての提案をします。

M&Aの初期検討・対象会社の簡易調査
事業を誰にどのように引き継ぐのか、税務面・資金面・候補者などのさまざまな角度からそれぞれの選択肢の実現可能性について事例等を踏まえ情報提供や提案をします。

STEP 2

財務資料をお預かりし、御社の企業価値を算定

譲渡候補先選定/打診・合意形成のための調査
財務資料をお預かりし、御社の企業価値を算定します。 事前に機密保持契約を締結した上で、対象会社の税務申告書をお預かりし、ヒヤリングなどによって経営環境などを簡易に把握させて頂き、「企業価値算定レポート」として一般的な株式評価の考え方などについて情報提供をします。

STEP 3

今後の選択肢についてオーナー様と検討

どのようなお相手と進めたいか、M&Aにあたって重要な要件となる事項などオーナー様のお考えを聞きながら今後の進め方について提案します。

STEP 4

御社のお相手先候補の掲示

対象会社のビジネスモデルの理解やその他経営に関する全般の理解を担当コンサルタントが深めます。その後、コンサルタントと相談の上選定した譲受候補先企業に打診し意向の確認を行っていきます。

STEP 5

御社の魅力がきちんと伝わる資料を一緒に作成

譲受候補先企業に打診を行う際に掲示する「案件概要書」を一緒に作成いたします。

STEP 6

お相手先候補との面談の機会を設定

面談結果とお相手先候補からの条件提示に基づき、 M&Aによる譲渡を進めるかどうか、オーナー様と一緒に検討します。双方が希望する条件の合意形成をはかり、経済条件やスケジュールなど諸条件が整えば当事者間同士で基本合意契約を締結します。

STEP 7

買収監査(デューデリジェンス)の支援をします。

買収監査の実施・最終契約の締結
買収監査(デューデリジェンス)の支援
譲渡契約の締結に向け、譲受候補先企業から対象会社に対してビジネス面・法務面・会計面・税務面などさまざまな角度から詳細な検証を行う作業に入ります。場合によっては対象会社では膨大な資料の提出などが発生するため、これらの事務処理が円滑に進むよう弊社がサポートします。

STEP 8

譲渡契約に向けた調整

買収監査の結果や譲渡スキームによって生じたM&A実行日までに整えなければならない事項をサポートいたします。また最終譲渡の諸条件について双方の最終的な意向を確認し調整していきます

STEP 9

譲渡実行手続きの支援

譲渡に必要な各種手続きなど、通常、多くの契約書面を要することになるため、決済当日までに不備がないよう事務面でのサポートします。

STEP 1

M&Aの検討についての提案をします。

M&Aの初期検討・対象会社の簡易調査
事業を誰にどのように引き継ぐのか、税務面・資金面・候補者などのさまざまな角度からそれぞれの選択肢の実現可能性について事例等を踏まえ情報提供や提案をします。

STEP 2

財務資料をお預かりし、御社の企業価値を算定

譲渡候補先選定/打診・合意形成のための調査
財務資料をお預かりし、御社の企業価値を算定します。 事前に機密保持契約を締結した上で、対象会社の税務申告書をお預かりし、ヒヤリングなどによって経営環境などを簡易に把握させて頂き、「企業価値算定レポート」として一般的な株式評価の考え方などについて情報提供をします。

STEP 3

今後の選択肢についてオーナー様と検討

どのようなお相手と進めたいか、M&Aにあたって重要な要件となる事項などオーナー様のお考えを聞きながら今後の進め方について提案します。

STEP 4

御社のお相手先候補の掲示

対象会社のビジネスモデルの理解やその他経営に関する全般の理解を担当コンサルタントが深めます。その後、コンサルタントと相談の上選定した譲受候補先企業に打診し意向の確認を行っていきます。

STEP 5

御社の魅力がきちんと伝わる資料を一緒に作成

譲受候補先企業に打診を行う際に掲示する「案件概要書」を一緒に作成いたします。

STEP 6

お相手先候補との面談の機会を設定

面談結果とお相手先候補からの条件提示に基づき、 M&Aによる譲渡を進めるかどうか、オーナー様と一緒に検討します。双方が希望する条件の合意形成をはかり、経済条件やスケジュールなど諸条件が整えば当事者間同士で基本合意契約を締結します。

STEP 7

買収監査(デューデリジェンス)の支援をします。

買収監査の実施・最終契約の締結
買収監査(デューデリジェンス)の支援
譲渡契約の締結に向け、譲受候補先企業から対象会社に対してビジネス面・法務面・会計面・税務面などさまざまな角度から詳細な検証を行う作業に入ります。場合によっては対象会社では膨大な資料の提出などが発生するため、これらの事務処理が円滑に進むよう弊社がサポートします。

STEP 8

譲渡契約に向けた調整

買収監査の結果や譲渡スキームによって生じたM&A実行日までに整えなければならない事項をサポートいたします。また最終譲渡の諸条件について双方の最終的な意向を確認し調整していきます

STEP 9

譲渡実行手続きの支援

譲渡に必要な各種手続きなど、通常、多くの契約書面を要することになるため、決済当日までに不備がないよう事務面でのサポートします。

お問い合わせ
  • TOP
  • 事業案内